政策

*今こそ、子育て・介護は社会のしごと

  ・働き方を変えて、男性も女性も一緒に子育て・介護を担う
  ・オンブズパーソンを設置し、子ども・若者の権利を救済する
  ・子どもの貧困をなくし、子どもの最善の利益を保障する
  ・だれにでも必要な保育を保障する

*「医・職・住」を充実し、地域で困っている人を放っておかない

  ・介護・医療の連携や、産科・小児科の環境改善で、地域医療を充実させる
  ・働くことは社会につながること、障がいがあっても、高齢になっても平等に働く場をつくり社会参加を広げる
  ・相談、教育、就労など、多様な若者支援を行う
  ・家賃補助制度を創設し、住まいを確保する

*太陽光発電など自然エネルギーを活用し、地域から地球温暖化を食い止める

  ・ごみを減らし、清掃工場のひとつを資源化センターにする
  ・使い捨てをやめ、再使用を優先する
  ・自然を生かした環境学習ができる場をつくる

*練馬の農業を守り、地産地消をすすめる

  ・作る、食べる、捨てるまでの食の循環をつくり、食べ物の安全を確保する

*憲法9条と非核都市宣言をいかしたまちにする

 

*車中心から、歩行者・自転車優先のまちに変える

*議員特権をなくし、議会を変える

  ・議員年金、日額旅費(交通費)は廃止する