リサイクルしていますか? 

2010年11月24日 14時09分 | カテゴリー: 活動報告

「分ければ資源、混ぜればゴミ」、私たちの日々の生活から出てくる不用物は混ぜてしまえばゴミとして燃やされます。この夏、混ぜてはいけない水銀が燃やされ、足立、板橋、光が丘、千歳の4清掃工場で焼却炉がストップする事故がありました。その補修に3億円近い税金が使われました。

人体に有害な水銀は、有機水銀として水俣病という公害を引き起こし、その被害は50年たった今でも続いています。

清掃工場の煙突から大気中に出すときは1立方メートル当たり0.05ミリグラムを超えない基準がありますが、除去設備が故障するほど大量に焼却されたようです。真相はまだ解明されていません。水銀を使った電池、体温計、蛍光灯、血圧計など燃え
るゴミに出さないことはもちろん、何でも燃やすゴミにしてしまう今のやり方はリスクが大き過ぎます。

練馬区はプラマークのついたプラスチック容器や包装を税金を使ってリサイクルしていますが、本来は企業が負担すべきです。2013年の法改正に向けてリサイクルを真剣に考えたいと思います。
  12月4日(土)14:00〜16:00 
   石神井公園北口駅前ピアレス2階会議室で循
環型資源研究所所長の村田徳治さんから「生ゴミもプラスチックも資源に!」の話を聞きましょう。