練馬駅北口区民ひろばに〜

2010年8月31日 18時32分 | カテゴリー: 活動報告

50年の定期借地権方式で民間に貸し出し、高層ビルを建てる計画が進められています。しかし、何階建てのどんな建物か? 予算はいくらか?など肝心なことはさっぱり明らかにされないまま、民間事業者の提案を募集して、今年度中に決定するそうです。

 ここはかつてカネボウの工場跡地で、女工たちの寮が隣接し、数々の女工哀史が生まれた所でもあります。周辺地域も工場からの排水が垂れ流され劣悪な環境だったため、後にこの土地を買い上げた東京都は、ここを環境改善地区に指定しました。

 このような歴史がある区民ひろばは、文化センタ−、つつじ公園との一体感を失うことなく、みどり豊かな広場として整備するのが最適です。夏の暑さでは全国的に有名な練馬区の顔ですから、噴水があればもっと良いでしょう。防災の点からも駅前を広場にしておくことは重要です。

 9月下旬には民間事業者の募集が始まる予定ですが、高層ビルがこの豊かな空間を圧迫し、環境を悪化させないよう、区民ひろばに面したネット事務所のベランダに意思表示をしました。