無責任な計画だ!

2010年5月17日 11時29分 | カテゴリー: 活動報告

練馬駅北口とつつじ公園の間約4000㎡の土地、もとは区民全体のための「区民ひろば」だったはずなのに、今は「区有地」といってあたかも区長の土地であるかのような勘違いが起きています。
 
 5月11日号の区報で活用事業計画(素案)がちょこっと掲載され3回の説明会と意見募集のお知らせがあるのですが、内容が『民間事業者の提案に基づく』ばかりで、どういう提案か、どういう規模かも分からないのです。只、ハッキリしているのは、民間事業者に土地を貸して(50年の定期借地権方式)、高層ビルを建てさせて(高度利用)、その中に若干の子育て支援の公共施設に紛れて産業振興会館を入れるという事です。こんな無責任な計画では意見の出しようもありません。

 第一回の説明会では、商工業関連の参加者から、夜9時過ぎでも集まれる場所として、とか、産業振興の情報発信拠点としてなどの要望もありましたが、他に解決策はあり必然性に欠けます。圧倒的に多かったのは「区有地」だからこそ「区民みんなのひろば」としての「有効活用」でした。

 環境都市宣言をしている練馬らしく、みどり豊かな街をアピールするには駅前に木を植えたり、噴水を作ったりするほうがよほど効果的です。この先50年、私も生きてはいませんが、老朽化して産業廃棄物の山となるハコ物を残すよりは、ヒートアイランド練馬の気温を下げ、CO2を酸素に変える緑蔭をこそ次世代に残して逝きたいと思います。