ハチドリの ひとしずく

2007年4月23日 14時55分 | カテゴリー: 活動報告

投票用紙に吉川と書いていただき、多くの意思ある人々の大切な一票一票を預かりました。選挙活動の最終日は「ハチドリのひとしずく」で締めくくりました。練馬駅西口交差点に大勢のいきいき仲間が集まって最後の訴えを静かに聞いてくれました。議会の責任、議員の仕事とは。。。という基本的なことが充分に伝えられていないので、議会改革といっても一般受けはしなかったかもしれません。でも、まちのルールを決めたり、税金の使われ方は区民と同じ目線でなければ、実態とかけ離れてしまうから、「議員特権はなくす」というアピールは伝わりました。
 地球規模で起きている、気候変動や国際平和を脅かす武力による暴力の連鎖、貧困や飢えの問題。この国で起きている変な動き。私たちにはどうにもできないと諦めるのではなく、「いま、わたしにできること」それが、選挙での投票であることを訴えました。
 区長を変えることはできませんでしたし、一期目を共に議会で闘ってきた良心的な同僚議員が去る結果にもなりました。「悪貨が良貨を駆逐する」という言葉が浮かんで来ますが、これも民意の反映と、身を引き締めて2期目に臨みます。
 友人、知人を紹介して下さったり、カンパやボランティアで一緒に活動して下さった皆様、有難う!豊かな市民社会をめざして、これからもご一緒に歩みを進めて行きましょう。