幾千、幾万の風になって

2007年4月14日 20時11分 | カテゴリー: 活動報告

私たち生活者ネットワークは地域の小さな政治団体なので、所属する国会議員はいませんが、国レベルの政策については、憲法理念の実現を基準に考えています。昨日、国民投票法案が,充分な議論を尽すことなく衆議院を通ってしまい、憲法改悪へ向かってまた、一歩進められてしまいました。

 2月議会で私たちは国民投票法案の慎重審議を求める意見書を練馬区議会から出したいと提案しましたが、幹事長会の同意を得られませんでした。国政に対して、地方議会が意見を出していくことは、地方主権の分権時代には特に重要です。
この練馬から平和を創り出そうと日々、地域で活動している多くの区民の想いが、幾千、幾万の風になって練馬にくまなく吹き渡って欲しいと思います。そして、その風を受けて私は、公正で人と自然を大切にする練馬区政をめざして区議会議員選挙に臨みます。

出陣式 午前10時より 練馬駅中央口(予定)