9の日は9条アピール

2006年7月11日 15時02分 | カテゴリー: 活動報告

会員からの提案企画で毎月9日に練馬駅前での憲法9条アピールが、5月から始まりました。はじめはプラカードを持って黙って立っているだけでもいいから9条への想いを伝えようということでした。ところが回を重ねる度に、やはりチラシはあったほうがいいとか、もっと目立つ横断幕をとか、欲が出てきました。2人いれば出来ると言っていたのが、今月は8人も集まりチラシもたくさん配布できました。
 おりしも、5日に北朝鮮が日本海ロシア沖でミサイル発射軍事訓練を行い、日本の政府とメディアが「制裁!」、「抗議!」と冷静を欠くムードになっているので、人々の関心も高まっていました。でもこれは外交問題。冷静な国際関係の判断と外交力が必要です
やられる前にやる。敵のミサイル基地を先制攻撃する。そのために軍備を増強する。だから憲法が妨げだ。などと憲法改悪につきすすむこの流れは不気味です。これが戦前の雰囲気なのだろうと1930年にタイムスリップしたような感じです。
スパルタ教育の父に復讐して家族を放火殺人や、文句ばかり言う母を金槌で殺してしまった、そんな事件が報道されている日本国内。今どきの日本人にはコミュニケーション力と先を見通す想像力が欠落してしまったのでしょうか?こんな時だからこそ敢えて憲法9条の存在をアピールして、平和を大切にする人々と繋がっていきたいと思います。
次回は8月9日、12時〜13時、練馬駅前でご一緒に!