委員会視察に行って来ました

2005年11月2日 14時15分 | カテゴリー: 活動報告・日誌

10月25日から27日まで2泊3日の日程で、環境まちづくり委員会視察として、北海道に行って来ました。苫小牧市のリサイクルプラザ、小樽市の土地区画整理事業、恵庭市の花のまちづくり事業を、実際に目で見て、当該の行政担当者から話を聞いて来ました。 
どのまちも明治以後、開拓が進められたものの厳しい自然との闘いで、まちづくりは困難を極めたであろうと想像すると、感慨はひとしおでした。人口は、練馬区の四分の一以下ですが、それぞれの都市が独自の特色を持っています。小さな都市だからこそアイデンティティーが明確で、それぞれが抱える課題もはっきりしていました。この視察を人口68万人の練馬区にどういかしていくかはこの委員会のこれからの課題です。
今年のお正月映画で北海道開拓時代を描いた『北の零年』は、興業成績は芳しく無かった様だけれど、女主人公がどんなに過酷な状況にあっても失ってはならないものを訓えてくれました。それは現実にうちひしがれながらも、決してあきらめずに理想を追い求める『夢見る力』。北の大地を切り拓いていった先人のフロンティア精神に想いを馳せた視察でした。