勝てば官軍、選挙は非情

2005年9月13日 15時01分 | カテゴリー: 活動報告・日誌

国民の閉塞感を背景に、改革を叫んだ小泉自民党が圧勝した。郵政民営化、政府案に賛成か反対かの単純な争点で、小泉の考えと異なるものを炙り出し、徹底的に排除した。勝つためには何でもありの選挙は、非情であるがゆえに観客には面白かったのだろうが、ポピュリズムからファシズムが台頭してきているのを実感する。
 練馬の自民党から見放された反対派の小林興起氏は新党日本を立ち上げたものの、賛成派の小池百合子氏に大敗した。小泉に反対するとこうなるということなのだろうか?
 古い自民党がぶっこわされてどう変わるのか? 練馬区議会にどう波及するのか?
いずれにしても、多様な考えをもつ一人一人の人権が尊重されて共生する市民社会への道を阻ませてはならないし、「改革」の名の下に平和憲法までも『改悪』させてはならない。