自衛隊は即時撤退を!!

2004年4月9日 14時30分 | カテゴリー: 活動報告・日誌

4月8日夜テレビを見ていたら、ニュース速報がつぎつぎと画面に現れた。このところ反米感情が高まり、衝突が激しさを増しているイラクで3人の日本人が誘拐された。アラビア語衛星テレビ局アルジャジーラの放送によると、この3人はフリーカメラマン郡山総一郎さん、フリーライター今井紀明さん、人道ボランティア高遠菜穂子さんで、アンマンからバグダッドへ向かう途中だった。実行グループは、声明文の中で「神の名のもとに。この世の中にいるいろんな国民がみな良い関係になるように生きていかなければならない。」とコーランから引用し、イラク国民が日本に対し友好関係にあったが、米軍の侵略に協力したので敵対関係になった。自衛隊を撤退しなければこの3人を殺す。3日以内に決めろ。といっている。
 このあまりにもショッキングな事態は、自衛隊をイラクへ派遣したときに当然考えられたはずだ。だからこそ私達も反対したし、国民の大半は反対だった。憲法9条に違反してまで、ブッシュ政権に追随し、国民の方を向いていない小泉内閣は、「自衛隊は人道復興支援に行っているので、撤退する理由がない。」と言った。それではこの3人の命はどうなるのだろう?日本政府は目の前につきつけられたこの要求に応えずに何をしようというのか?
 報道によればこの3人はすでにイラクに対し人道援助をしたり、劣化ウラン弾の被害を調査したり、イラクの人々の本当の姿を知らせ人として何をすべきかを身を持って追求しているのだ。このような日本人の誇りとも言うべき3人を見殺しにしたら、この国は一体誰のためにあるのか、真剣に問い直す人々が暴動を起こすだろうか。それとも、そんなエネルギーはないからと日本脱出するだろうか。
 さて、この私にできること、自衛隊撤退の声をさらに拡げ、政府に届くほどの大きな声にしていくこと。まずは国会へ行こう!